動画

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズフェス2週目 Russell Batiste & Friends At Howlin Wolf Den

2010年04月30日 20:06

4月30日

ラッセルバンドで演奏でした。
ハウリンウルフデンといってメインのハウリンウルフの横にある倉庫みたいなクラブで演奏でした。
去年はメインステージだったのにちょっと残念。
スタートは午前12時にもかかわらず沢山のお客さんがいて楽しかったです。
DSCF6385.jpg
DSCF6418.jpg


本番前にデレクトラックスバンドのパーカッションのおじいさん(名前失念)に会ったよ。
あとデレクの弟ドゥエインも見かけた。
なんかスゴい人とあえたのはラッキーでした。

さてラッセルバンド今回はホーンセクション無しバージョン。
ちょっと音が回るクラブだったんでバンドは爆音になってしまいました。
気持ちよかったから良いんですが。
ラッセル親分も遠慮なくバカバカ叩きまくってたし。
途中友達の彼女もボサノバの曲でシットイン。
ちょっと雰囲気が違うレパートリーも出来て楽しかったです。
客も多かったんで、バンドも盛り上がり勢いでおしきった良いステージでした。
めでたしめでたし。
DSCF6414.jpg
DSCF6395.jpg
DSCF6396.jpg
DSCF6402.jpg


そうそう名前忘れたけど、ビヨンセのバンドのドラマーの女の子が最近親分と一緒にいた。
んで練習とかにも遊びに来て一緒にプレイしたけどスゴくいいドラマーでした。
女子とは思えん叩きっぷりでした。
彼女もこの日のステージ観ててくれて、すげー良かったよ!なんて言ってた。嬉しいかったな。


いよいよ明日はラッセルバンドでジャズフェス出場です!
朝一番の演奏なんで、早めに帰りましたとさ。

続く...。






スポンサーサイト

ジャズフェス2週目 Bill Summers Jazalsa At Bill's House

2010年04月28日 05:21

4月28日

この日も前日に引き続きビルんちでビルサマーズバンドが演奏。
ちょいとメンバーが減りまして、シンプルな演奏をくりひろげました。

相変わらず飯美味し、酒美味し。サングリアでまたまたご機嫌なボクでした。

しかーし。
とんでもないサプライズが!
なんとハリウッド女優がご来場!!
ティナ・ターナーの自伝映画でティナ役を演じたアンジェラ・バセットがやってきたんです!
N0013680_l.jpg

ビルサマーズの人脈恐るべし!

でもね、最初彼女が女優と全然気付かずに普通に挨拶してまったがね。
記念撮影もふざけてとってしまいました。
どこかで観たような気がするなーなんてと思ってたらメンバーがおしえてくれたという次第。

なんか嬉しかったです。
次はロバートデニーロ来ないかな~。

続く...。




ジャズフェス2週目 BIll Summers At Bill's House

2010年04月27日 04:51

4月27日

ビルサマーズバンドで演奏。
場所はビルん家。
ハイチのチャリティーも絡んだハウスパーティーで演奏。
沢山のインテリジェンスなお客さんがいらっしゃいました。

テラスではジャズのデュオも演奏しててかっこ良かった。
ジャズギターと歌というとてもシンプルな構成だったけどめちゃよかった!
ジャズギターってほんとうにクールだなあ。


パーティーだったんで当然飯はうまい、酒はうまいで、ちょっと呑みすぎてご機嫌になり過ぎましたボク。
DSCF6374.jpg
DSCF6364.jpg
DSCF6354.jpg
DSCF6353.jpg
DSCF6376.jpg
DSCF6363.jpg
DSCF6356.jpg


演奏は盛り上がって終了。お客さんも喜んでくれたようです。よかった。
こんなかんじのアットホームなギグもたまには良いもんですね!楽しかった!
しかしビルの家は豪邸ですなあ~。
羨ましい!


続く...。



ジャズフェス3日目 Caeser Brothers At Frenchman street

2010年04月25日 04:44

4月25日

この日はシーザーブラザーズとギグでした。
彼らはシリルネビルバンドのメンバーで兄弟。
レパートリーはオールドスクールのファンク、ブルース。

場所はフレンチマンストリートの新しくオープンしたクラブ。
若干綺麗目なクラブで、水たのんだらタダどころか4ドルもとりやがった。クソ~。
PA関係がいまいちよく無かったです。

何故かシリルバンドのギタリストのジミーちゃんもいて途中まで仲良く一緒にツインギターでした。

終止めげずにニューオリンズファンクチューンを演奏。
まずまずの客入りでした。
楽しんで演奏出来ました。
ちょっと疲れが残ってたけど、この日は夜だけの演奏だったんで幾分気持ちが楽でした~。

ジャズフェス第一周目終了~。お疲れ~!

2週目に続く...。




ジャズフェス2日目 Bill Summers Jazalsa At NewOrleans Jazz Heritage Festival "Jazz&Heritage Stage"

2010年04月24日 04:44

4月24日

朝7時近くに帰宅。ぐへー。
ラッセルバンド結局3時間近くやってました。気持ちよかったです。疲れたけど。
帰ってもなんだか興奮して眠れず10時くらいにやっと寝れたようです。


んで、この日はビルサマーズバンドがジャズフェスで演奏。
12時には起きなくちゃならなかったんだけど、滅茶苦茶眠くて辛かった...。
受験生かっつーの。まったく。
んで、眠い!暑い!腹へった!を連呼しながらジャズフェス会場の競馬場まで出動(笑)
ダメ人間ですね。ははは。

ジャズフェスはステージが全部で11個。
今回のステージはジャズ&ヘリテイジステージといってわりとこじんまりとしたところでした。
インディアン系やワールドミュージック系が出演するステージ。
この日は、前日の雨プラス当日の暑さで、湿度が異常な高さだった。
おまけに競馬場なんで砂埃がスゴくてハードコンタクトのボクは泣きまくり。痛いのなんのって。
サングラスは必需品。忘れたけど。

で、ビルサマーズバンドの演奏が3時くらいからスタート。
ちょっとみんな緊張してたかな~。
ステージモニターが若干聴こえにくかったようで、ところどころリズム隊がずれる事もあったなあ。
メンバーが若いのもあるし集中力にかけてたのかも。ちとトラブル回避が上手く出来なかった。
でもやっぱりビルサマーズ。きっちりステージを進めて行き何とか終了。
ステージを盛り上げるの上手いですビル。流石だ。
初出場で良く頑張ったと思います。贔屓かもしれんがいいのだ。
DSCF6318.jpg
DSCF6320.jpg
30554_114701698560810_100000629418617_136452_7430835_n.jpg
30554_114701705227476_100000629418617_136454_6951464_n.jpg



んで、僕らの次にでたブラスバンドがスパースター揃いだった。
コーリ・ヘンリー、スケーリック、ビッグ・サム、スタントン・ムーア等々、
ニューオリンズの売れっ子達が勢揃い!
音もタイトで素晴らしかったです。お客も満員でした~。
DSCF6348.jpg


あとこの日はラッセル親分がファンキーミーターズで出場だったんだけど時間が合わず観れず。
奥さんはちょっろっと観れたみたい。うーん親分立派でごわす!
DSCF6338.jpg

ゆっくりライブ観戦といきたかったが夜に備え早めに帰宅することに。
出演者ゲートを出ようとするとラッセル親分の車が目の前に。なんという偶然でしょう。
興奮状態の親分にご挨拶して帰りました。


帰宅後シャワーを浴び砂を落として、米を貪り、夜のバーボンストリートに出動。
20時と早い時間のスタートだったんで人もまばらでしたが、夜がふけるに連れてどんどん人が増えてきた。
今回のバンドとは2度目の演奏だったんでちょっとリラックスできた。
曲もよく憶えていたし、楽しんで演奏出来ました。しかしマイケルジャクソンの曲はかっちょいいなあ~。


怒濤の3日間を無事に終了。
帰宅後は泥泥に寝まくったとさ。

続く...。




ジャズフェス初日 Russell Batiste & Friends At Maple Leaf

2010年04月23日 02:40

4月23日
ジャズフェス初日!

ビルサマーズバンドの遠征が終わり、ニューオリンズ空港に到着午前12時。
スゴい湿度だった...。
これこれ。これがニューオリンズよ!って感じで咳も止まり。ノーシキャロライナと一転して汗がにじんできたよ。
なんか安心するわ~。お家に帰ってきたのね。

この日は日付は変わってしまうけど午前3時からラッセルバンドでギグ。
場所はメープルリーフ。
ジャズフェス初日がラッセルバンドってのが気分が良い。
なんで、急いで帰宅しなくては。
奥様のお迎えがベストタイミングでやってきていた。
帰路車中疲れと超空腹からか奥さんともまともに話出来ず。すません。
帰宅後みそ汁にご飯という定番をきめた。

2時半にメープルリーフへ。
パパグロウズファンクがゴリゴリに演奏してた。
客も入ってて盛り上がっていた。
ジュンさんのギターも炸裂していてかっこ良かったです!
いつもいつもタイトな演奏が素晴らしいです。


さてラッセルバンド今回は4管ホーンセクション入りデラックスバージョン。
ちょっとホーンセクションのアレンジが甘い瞬間もあったけど、全体的にはガッツがあって良かったと思います!
DSCF6252.jpg
DSCF6282.jpg
DSCF6257.jpg


ホーンセクションリーダーのトムさんはいつもかっちょいいソロを吹いている。参っちゃうな。
DSCF6268.jpg



途中ラッセルの弟が入ってヒップホップやったり楽しかったです。
こんな曲やったよ。この曲大好き!!



親分ものりのりで気付けば朝の6時!
ギチギチに演奏したった!楽しかったです!
終わって外に出たら空が明るくなってた(笑)
DSCF6292.jpg
DSCF6251.jpg
DSCF6272.jpg
DSCF6266.jpg


朝7時に帰宅。興奮してなかなか寝れず。
昼間にはビルサマーズバンドでジャズフェス出場です。
カラダ大丈夫か~??


続く...。




North Carolina

2010年04月22日 04:43

4月22日
ビルサマーズバンドのちょっとした遠征でした。
早朝4時半ニューオリンズ空港に到着。
遅刻の恐怖からほぼ寝ず。
しかしギタリストってのはエフェクターボードがあるのでこういうとき面倒。
現場でレンタルも出来ないから、いちいち荷物預けしなきゃいけない。スモールライトが欲しい。

んで、テネシー経由でノースキャロライナへ。
航空チケット節約の為にこのような経路になったようである。
結構時間が掛かりました。6時間くらいだったかな。

昼過ぎにノースキャロライナ空港に到着。
30056_416004906753_670741753_5249964_2159151_n.jpg
しかし寒かった。さすがノースってだけある。
ホテルに移動。前回を思い出し今回も3人同部屋かあ~...なんて思ってたら...
一人一部屋!それもシェラトン!さっそく昼食にチャイニーズフードを隣接のモールで調達。

昼飯も途中で、リハーサルのために会場入り。
30056_416004846753_670741753_5249955_5022427_n.jpg
こんかいは大学のレセプション系イベントに出場。
会場はキレイな講堂でした。機材もしっかりしてた。
やや低音が回りやすい会場だったんで、ちょっと低音抑え気味でバンドリハ。
なんかいつもよりすっきりやりやすかった。ベーシストはちょっと不満かもしれませんが。

一旦ホテルに戻り休憩。すっかり寝てしまった。
晩飯がてら早めに会場入り。
ケータリングがちょっと少なく、みんな遠慮がちな晩飯となった。

この日はジャズバンドとのダブルヘッダー。
このバンドがスゴく良かった!
とくにドラマーが顔で叩いてた。彼は素晴らしかったです。

ビルサマーズバンドも良い演奏出来ました。
暖かいお客さんばかりで盛り上がりました~。
ステージの音もやり易かったんで、なお良かった。
いつもステージの上が音だらけでうるさ過ぎるけどこの日はすっきりはっきりでした。
30554_114701621894151_100000629418617_136431_2300430_n.jpg
30554_114701638560816_100000629418617_136435_4149305_n.jpg
29870_115928838438096_100000629418617_139563_2232612_n.jpg
29870_115928845104762_100000629418617_139564_5883055_n.jpg
終演後も沢山の人に声を掛けてもらって嬉しかった。
名古屋に住んでたっていう黒人の女の子にも出会えた。

バンドメンバーみんな上機嫌だったんで、その夜はクラブに繰り出しました。
所謂打ち上げ的な感じですね。
疲れてたのでビール一杯でフラフラ。
若いメンバーは2軒目にいったけど、僕はホテルに戻った。

翌朝昼過ぎに目覚める。
喉が痛い...。風邪である。
行きの飛行機で隣の席の女が咳しまくってたからかな?おまけにノースキャロライナ寒いしな。
昼食後薬を飲む。気分少し良くなる。
30056_416004881753_670741753_5249960_550344_n.jpg

夕方に空港にむかう。
空港にてバンドメンバー撮影会を勝手に行う。
30056_416004911753_670741753_5249965_2255744_n.jpg

帰りはシカゴ経由で6時間フライト。ニューオリンズ着は真夜中。
帰路爆睡する。
ニューオリンズに着いたらスゴい湿度でびびった。
しかし咳がとまるし、この気候に随分カラダが慣れているんだなあと再確認。

一旦家に帰って午前3時からのラッセルバンドのギグに備える。

続く....




JAZZ FEST

2010年04月21日 14:30

えーと、先週は...
ラッセルの親父のデビットバティステバンド、
ビルサマーズバンド、
バーボンストリートの新バンドなどのギグやってました。
あとリハがあったり。

デビットバティステバンドは毎度のレストランで演奏。
ドラムレスという大変危険なギグでした。
見事玉砕でした。ははは...。
なんか精神的に疲れました。次回はもうちょっと良い感じにしたいですね。

ビルサマーズバンドはちょっと良くなかった。
勢いだけでした。特に感想無し。

バーボンストリートは新バンドだったんで、最低35曲も憶えなくちゃいけなくて大変でした。
知っている曲もありつつ、はやりの曲なんかも憶えつつ、ソウル系の曲を再確認し感心したりつつ、音とりの段階で結構楽しめた。
リズム隊が黒人ミュージシャンだったんで滅茶苦茶楽しかったです。
ロックもバウンスしまくりでファンクになっちゃう。
ビリージーンとかやったけどリズムが超タイトで楽しかった。
黒人ミュージシャンって本当に凄いです。


さてさて、
明後日23日からいよいよジャズフェスが始まります。
街は盛り上がりの始めてます!気温も上がって夏のようです。

なのに!
明日はノースキャロライナにビルサマーズバンドで一日だけ演奏しに行ってきます。
朝の4:30集合。朝が苦手なボクは飛行機に乗り遅れないかすでに緊張してます。
んで明後日の午前12時に帰宅。
んで午前3時!からラッセルバンドのギグ。
ジャズフェス初日がラッセルバンドなんで良い感じです。

で明々後日はビルサマーズバンドでジャズフェス出場。
そのまま夜はバーボンストリートのバンドで演奏。
明日から3日間大変です。
睡眠不足で痔が悪化しない事を祈ります。



フレンチクォーターフェス

2010年04月10日 02:21

本日はフレンチクォーターフェスにラッセルバンドで出場でした。
フレンチクォーターフェスというのはニューオリンズの中心地で行われる大規模なフェス。
ステージは小さめでしたがトリを務めました~!。
おまけにラジオ放送もはいった!ギグ後録音された音源聴いたけど音が良かったです。
おまけにテレビにもちょこっと出たよ~!

今回はホーンセクション4人とパーカッション3人あと諸々加わって総勢14人くらいいたんじゃないかな。多過ぎ(笑)まあ賑やかになったんで良し。
レコーディング完了直後のせいもあってかバンドも荒削りながら頑張りました!
ナイスサウンドとしときましょう。
お客さんも沢山いて暖かく観ていてくれて『わあ~~~!!』なんてライブならではのオーディエンス声援も沢山あり気持ちよかったです!
ラッセル親分も今回は張り切っていたなあ。
終演後も良かった良かったとご満悦。
なんか嬉しいですね。
DSCF6173.jpg
DSCF6183.jpg
DSCF6192.jpg


このままこのテンションを持続してバンド活動さらに加速したいです。



さてラッセルバンド、正式名はRussell Batiste & Friendsなんですが、
アルバム発売は5/1になるそうです。
日本での販売はいまのところ未定です。
詳細分かり次第またお知らせします。
26825_1376589265136_1543988569_30928640_5349714_n_convert_20100413190332.jpg
DSCF6194.jpg




いよいよ!ついに!

2010年04月04日 03:54

あっというまに4月になってしまいました。
最近はめっぽう忙しく日記書くのもサボり気味でした。
今回もおもいっきり振り返りまくって記していきます。


先週は、火曜日と金曜日バーボンストリートにてザディコバンド、ドゥウェインのギグ。
最近、ドゥウェインとのコミニケーションもおもしろくMCでむりやり日本語で喋らせられたりしてます。
結構僕も楽しんでます。
演奏は良かったです。お客もはいったし上々でした。
しかしバーボンストリートってのも、ローカルバンド色をもう少し強めても良いと思うけどなあ。
ニューオリンズらしさがもっとあってもいいのに。MTVミュージックとかやってもしょうがないのになあ。
そんななかでドゥウェインバンドはオリジナル曲で攻めてるバンドなんで感心します。


木曜日はラッセルバンドでメープルリーフ出場。
だったのですが、またまたダブルブッキングでキャンセル。もう!コラ!!
でも、この穴埋めの感じでジャズフェス中の4/23にメープルリーフが決まりました。
でも時間が凄い。午前3時!から演奏します(笑)


土曜日は怒濤のギグ3連発でした。
ラッセルバンドで2本。ジェイソンネビルバンドで1本。
ラッsルバンドはフェスティバルと友達のウェディングパーテー。
まず夕方の野外フェス。
久しぶりに見る仲間も参加したりして、かなり面白いギグでした。
演奏もばっちり。楽しかったです。
この日は自前アンプ持ち込まず会場にあるアンプ使ったんだけど、
途中ぶっ壊れるというトラブルに遭遇。
結局日本が誇るJCを使った。やっぱ安心だわ~。日本製。DSCF5990.jpg
DSCF6007.jpg
DSCF6012.jpg
DSCF6018.jpg
DSCF5991.jpg


ウェディングパーテーの方は、15曲くらいカバーをやってあとはオリジナルって感じでした。
この15曲がなかなかくせもんで大変でした。でも強引にやりきりました。
途中ウォルターウルフマンとジョージポーターもやってきて参加しました。
このレジェンドのお二人やっぱ違いますね~。最高にイカしてました!
7時半からスタートで22時には終わる予定だったのですが、
うれしいサプライズもありつつ時間が結構延びちゃってブレイクはさんでもう1セットやることに。
この日はジェイソンネビルのCDリリースパーテーの演奏もあったので早退した。
楽しかったので続けていたかったんだけど。
DSCF6024.jpg
DSCF6069.jpg



で大急ぎでジェイソンのギグへ移動。
会場にジェイソンの父上のアーロンネビルもいてびっくり!
おまけにバスケット選手のクリスポールもいました!
そんななかとんでもなくお粗末な演奏した(笑)んで、あっというまにギグ終了。強制終了(笑)
大失敗!玉砕!正直笑えなかった(笑)
やはりこのバンドはメンバーがダメだわ。
みんないいかげんで無責任すぎる。金のことしか考えてない。
ジェイソンが可哀想に思えた。正直僕も怒れてしょうがなかった。
そのうちガッチリと成功させたいですジェイソンネビルバンド。彼は良い曲書くし歌も上手いもん。
DSCF6083.jpg



今週は、木曜にミュージシャン救済のベネフィットギグにラッセルバンド参加しました。
リパブリックというキレイなクラブ。
でもこの日は全然客が入ってなくてビックリ!
でもそんなことお構い無しでがんがん楽しんで演奏しました。
ラッセルはエレドラのみで演奏。音響がしかっりした音の良いクラブだったんで結構良かった。
あっという間に楽しい時間は終了~。


金曜日は郊外のオールドポイントバーで演奏。若手ファンクバンドで参戦。
前回好感触だったんで、リラックスしてました。
が、今回はちょっとラフだったかも。
ま、でも楽しめたのでOK。


んで、本日土曜日は、ティピティーナスでビルサマーズバンドでした。
24時過ぎからスタートでした。ちょっと遅かったです。
今回はドラムにラッセルの弟のジャモールがやってきた。
やっぱバンドがぐっとタイトになりました!いままでで一番最高の出来だったんじゃないかな。
バティステ一族は本当に凄い!
楽し過ぎて僕も良いギター弾けました。
しかしこのバンドも結構課題が見えてきた気がします。
みんなで頑張ってのりこえれればグッと良くなると思います。どなることやら?!


それからラッセルバンドのレコーディングがいきなり再開。
月曜から金曜までぶっ続けでスタジオでした。
御陰さまで超急ピッチで作業がすすみ、もう明日マスタリングです(笑)
良い出来ですよ!!
完成の際は皆さんぜひお買い求め下さい!!!
いよいよ、ついにアルバム発表です!!!!
また詳細はおって日記でお知らせします。

スタジオの面白い話など明日の日記にでも書きます。
もうだめだ~眠い!
おやすみ!!





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。