動画

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6th Annual John Coltrane Christmas Party

2009年12月28日 18:07

と銘打ったギグを昨夜やりました。
お隣のアラバマまで行って参りました。

19871_253111326390_748591390_4731093_7872551_n.jpg

今回全くコルトレーンの曲はやりませんでした。
やったのはファンクとちょっとジャズ。
キーボードのクリスがリーダーの企画バンドでした。

2セット計4時間くらい演奏しました。
お客も盛大に入って盛り上がりました。
とても楽しかったです!

19871_253111356390_748591390_4731096_6489652_n.jpg

今回はスーザフォンのカークジョセフと初共演。
彼は日本大好きで、
「日本はとてもいい国だ!でも以前行った京都の道はとても狭くて怖かった~!車でがんがん入ってくんだもん。あんなの無茶だ。」なんてお茶目なこと言ってました。
そんな彼の低音はすさまじかった~。
音はアメリカンサイズ!デカイ!迫力満点でした。
エフェクトペダルを多様していて、かなり面白いサウンドメイキングしてましたよ。
しかしあそこまで息が続くのって凄い!
呼吸困難にならないのかなあ、なんて心配はよそにがんがん吹きまくってました。いやはやタフだね~!

個人的には、昨夜はギターのトーン良かったと思います。
ちょっと心変わりで弦のゲージを細いのにしたんだけど、やたらピッキングしにくくて参った。やっぱりいつものゲージに戻さないと駄目。
終演後、たくさんの人に話しかけられました。こういうの嬉しいです。
やっぱアジア人ファンクは珍品かえ?
たくさん出会いがあって良かったです。

19871_253111321390_748591390_4731092_103929_n.jpg

ちょっとサプライズもありました。
以前ラッセルバンドのアラバマツアーのときに共演したバンドのギタリストの子が遊びに来てくれた。
久しぶりの再開に感激しました!
しばし貧弱な英語で無理やり歓談しましたよ。
サンタナのロータスっていうアルバムを聴いてみろって言ってたなあ。
チェックしないと。





おまけ......
ドラマーの皆さん必見です。
ラッセルの息子と弟がドラムバトルしちゃってます。
彼らまだ二十歳そこそこだけど凄まじいものがあります。
バティステファミリー恐るべし!
息子VS弟
息子VS末弟



スポンサーサイト

師走

2009年12月24日 03:47

年末ですね~。
クリスマスでんな~。
ニューオリンズの街もきれいにライトアップした家が多くて
なかなかきれいなもんです。
赤青黄緑のライトアップなんかは、こうなんかグッときます!


んで、
ツアーから帰ってきてから、ちょろちょろギグやらリハやらがはいりました。


今日はビルサマーズバンドの写真撮影だった。
んだけどメンバーが一人これないということで中止になっちゃった。


午後からはラッセルバンドのリハ。
リハ後、しばらくラッセルとハングアウト。
youtubeやらgroove shark を駆使して、
色々な音楽、ミュージシャンを毎回教えてくれるのです。
とても勉強になるし。あーだーこーだ話すのも面白いです。
こういう時間は本当に財産になります。


因みに皆さんgroove shark って知ってますか?
これがすんごい便利でかなりマニアックな曲も聴けちゃうんです。
ダウンロードは出来ないけど凄く便利なんでお勧めですよ!


あと、年末年越しギグも入りました。
ラッセルバンドのボーカリスト、ジェイソンネビルのバンドで出場です。
で明日はそのバンドのリハ。まったく準備してない。大丈夫だろうか?
今年の締めくくりがジェイソンバンドというのもかなりスリリング。ま、頑張ります!


あとは...
27日のアラバマのギグの音取りヒーヒー言ってます。
今回はサンラとかそれっぽい曲とかもあって、
ちと慣れないアバンギャルド系の曲もあるので難しい。
でもこれはこれで楽しそうだしチャレンジ魂に火がつく感じ。
変態ギターソロ楽しんで弾いてきます。


そう!ショッキングな出来事がありました!
ちょっと前に車のリアウインドウを割られた~。
家の前で。粉々に。ガックリ!
特に何も盗まれなかっただけに動機が理解できなくてちょっと怖い。
修理済んだけど結構な出費になってまった...。
しかし今の車は怖いくらいに不運が続く。
当逃げ、ガラス割られるし、何回も修理出したし。浸水もしたし...。
何か憑いてるのか?...いやんなっちゃう。

あとマックも壊れてただいま修理中。
代わりのウインドウズじゃドラマとか見れん。
早く帰ってきてくれ~!

では、メリークリスマス!



ATLANTA

2009年12月21日 23:12

昨日アトランタから帰ってきました。
ビルサマーズバンドのツアーでした。
今回は車移動で、総勢8人。
バンに機材をぎゅうぎゅう、人もぎゅうぎゅうに詰めて移動。
片道7時間以上だったんでホント疲れました。


演奏は2日間で両日とも同じクラブで演奏。
なんでホテルとクラブの移動のみだったんで楽だったなあ。
しかし大都会のもろジャズクラブは違います!
ワインをグラス五分の一の量で10ドル!
そんなかんじのジャズクラブ。
ニューオリンズのクラブとはかけ離れた小奇麗なクラブでした。


んで、肝心の演奏内容ですが、
初日は駄目でした~。
ちょっとしたミスが多かったし、バンドアンサンブルでのミスも目立った。
でも2日目はばっちり!ギンギンにギターも弾けました。
バンドアンサンブルもこなれて良い感じでした。

初日終演後、自然とバンドミーティングがおこなわれて、
そのせいもあってか2日目はタイトになったし良かったです。


ツアーは良いもんですね。
2日間だったけどメンバーの人間性や思ってることなんかが良くわかった。
なんか自然とバンドがファミリー化するというか。
いいたいことも言えるし。
こうやって良いバンドになってくんだなと再認識。

またツアー行きたいですね。
ビルサマーズバンド来月は2本ギグが決まってる。
とにかくがんばるかあ!


んで、
今週末はアラバマでギグ。
クリスバンドで出場。
カークジョセフがスーザフォンベースです。
他のメンバーも凄腕なので気合が入ります!
こちらもばっちり決めたいです。




再開

2009年12月14日 16:12

今日からビルサマーズバンドのリハが再開しました。
時間が昼近くに変更になったので幾分気楽です。
が、風邪ひきのメンバーなどがいてフルメンバー揃わずの初日でした。
んで、今週末はアトランタに2日間のプチツアーに行って参ります。
大都会アトランタのジャズクラブでの演奏です。楽しみだわ~!

ビルサマーズバンドは1月も数本ギグもきまっているし、
ジャズフェスにも出場します!やったね!


2010のジャズフェスはラッセルバンドでも出場なんで2回演奏出来ます!
やった!

で、衝撃の事実を知りました、
なんとラッセルバンドはジャズフェスの一番でかいメインステージでの出場が決定のようです!!!
本当に驚きました。だって凄い観客数ですよ!メインステージは。
嬉しさと不安の入り交じった変な気持ちです。でも嬉しい...。
当日はFM放送も入ると思います。日本でもライブで演奏が聴けると思うので是非聴いて下さいね!
詳細はまたお知らせします。

ジャズフェスステージのラッセルバンドは4管ホーンセクションも追加のフルメンバー出場です。
リハもちょこちょこと始まりました。
ド迫力のステージにしたいです。
頑張るぞ!
って来年の春なんだけどね...。
テンパリ過ぎだわ。



Bill Summers

2009年12月06日 20:11

昨夜はビルサマーズのギグでした。
場所はティピティーナというクラブ。

DSCF5337.jpg

ここのギグはインターネット配信で動画が観れるのですが、
観ていてくれた友達の話だと、昨夜は音が聴こえなかったという事でした。
観ていてくれた皆さんごめんなさい。またクラブに詳しく訊いておきます。


で、
内容の方ですが、一発目のギグにしてはまずまずだったと思います。
ちょっと面子が若いせいもあってかステージの回しがぎこちなかったかな~。
でもバラエティーに富んだ選曲だったし、面白かったです。
辛い毎日の朝練の成果もあって個人的にはビシっと決めれました。
でもバンドアンサンブルはもう少しギグをこなさないとダメかも。
その場のフィーリングで曲をまわしてく、楽しむ事が出来ればもっと格好良くなると思う。
しかしリーダーのビルサマーズのパーカッション、コンガは素晴らしいかったです!当たり前かあ~!!

DSCF5319.jpg
DSCF5316.jpg

んで、ビルサマーズ昨夜の僕のギターを大変気に入ってくれて、喜んでくれた!
『ユーアーリリーリリー!バッドマザファッカー!メ~ン!』
『セイゾウ、次回はステージのもっとフロントで弾いてもらうよ!』
なんて嬉しい事も言ってくれたよ!!やった!

DSCF5338.jpg
DSCF5310.jpg

とにかく自分らしく、ギタリストらしく、精一杯やった。
渋くきめる場面も多かったけど、やっぱガツンと迫力ある演奏が良かったみたい。
お客さんも盛り上がってくれてたし。『わ~っ!』って。
嬉しかった~!
色んな人にギター良かったぞ!って声をかけてもらった。
嬉しかった~!
常に本番に強い男になりたいですね。

DSCF5326.jpg



ビルサマーズバンドは、僕にとって新境地、チャレンジの場所だった。
ラテンは知らないし、ジャズだって詳しくない。
メンバー皆、音楽学校出身で知識もある、譜面なんて当たり前、ピアノひけて当たり前、スタンダードの曲も知り尽くしてる。
ジャズに強い奴、ラテンバカな奴...。
はっきりいって僕が一番浮いていた。劣等感も正直あった。
でも曲をCDで聴いてコピーして覚えたり、自分しか読めない暗号のような譜面まがいな物を作ったりしてみた。
唯一の自分のやり方。
ただ皆より時間が掛かるやり方でしたが...。
おまけに朝練中はビルに褒められる事なんか全く無かったなあ。

だけに、昨夜のビルの賛辞の言葉、お客さんの反応は妙に嬉しかったです。
本当に自信になりました。
自分のやりかた間違ってなかったんだなあ...と。
事実盛り上がるガツンとした演奏もしたわけだし。

あとバンドメンバーにも良い奴が多かったのも幸いでした。
よくある
『この曲知ってる?』
『知らない』
『そんな事もしらないの~?!?!』
『...すんません...。』
というやりとり。
こっちにきて感じる事なんだけど、
『知らない事は罪』みたいなやりとりは、三流ミュージシャンに成れば成る程多く観られる。
技量が無いが故に知識によって自分を優位な立場、上から目線でいたいというくだらない感覚。
知ろうという相手の気持ちを踏みにじる言動。

これがビルサマーズバンドにはあまりなかった。
知らないといえば、丁寧に教えてくれる奴もいた。
出来なくてイライラしてたら、親身になって教えてくれる奴もいた。
助けてくれる奴が多かった。本当に感謝しています。ありがとう。

DSCF5308.jpg


そんなこんなで、個人的には苦労が報われる良いギグが出来ました。
朝練でもステージでも助けてくれたメンバーに感謝しつつ...。
今朝は本当に気持ちよく目覚めれました!
自信をもってこれからも頑張りたいです。
ポジティブシンキングでいたいです。



もうすぐ!

2009年12月03日 23:33

連日、朝練のビルサマーズバンドですがいよいよ今週土曜日にギグです。
朝練の結果もあってかラテンの雰囲気が少しだけ感じる事が出来てきている気がします。

今回は、
ジャズスタンダード、チャックブラウン(ゴーゴー)、R&B、モロラテン、サンタナ......
と、色んな曲を演奏する予定です。
ちょっと曲をつめて行く時間が無かったのが心配です。
でもバンドメンバー皆凄腕なんでなんとかなるでしょう!きっと!
兎に角、頑張って演奏してきます!

なおこのライブの模様が当日インターネット配信されます。
こちらで観る事が出来ます。
『Saturday 12.5.2009 Webcast begins 10 PM CT』
の項目のところです。
日本時間だと、日曜日の13時30分頃からです。
時間のある方はお楽しみ下さい。






最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。